mruby の動作

mruby の実行基盤であるRiteVMは、Rubyスクリプトを逐次解釈して実行するのではなくコンパイル結果のバイナリコード(Rite中間表現)を直接実行する。

Rite中間表現をバイナリ出力したものがmrbファイル(Riteバイナリファイル)

mrbgem とは

mruby にライブラリを追加するための仕組み。mruby は require などで動的にライブラリを読み込めないので、mruby ビルド時に組み込む必要がある。 追加する際は、build_config.rb に追記してビルドする。

なお、mrbgem の実装には、以下3パターンがある。 - C拡張 - Ruby拡張 - C & Ruby 拡張

作り方については、この辺りが参考になりそう。 - mrubyの拡張モジュールであるmrbgemのテンプレートを自動で生成するmrbgem作った - mrbgemsの作り方メモ(勉強中)

ireq とは

まだ全然わかってないが、この辺り。

ライブラリ構成

以下の4つが定義されているが、現在提供されているのはミニマルのみ?

  • ミニマル: 実行に必要な最低限の機能
  • スタンダード: JIS X 3017 規格相当
  • フル: MRI(CRuby) のフル機能相当
  • ドメイン別: 製品ドメイン別の拡張ライブラリ

参考リンク