仕事で CentOS6.4 の Docker イメージが欲しかったのだが、Officialには 6.6 までしかなかった。 せっかくなので、iso から core グループのみインストールした Docker イメージを作成してみた。

Official のイメージ

Official の場合、CentOS 6.10 だと以下のような Dockerfile になっていて、ADD している centos-6-docker.tar.xz は、 kickstart で構築した VM から作成している模様。

FROM scratch
ADD centos-6-docker.tar.xz /

LABEL org.label-schema.schema-version="1.0" \
    org.label-schema.name="CentOS Base Image" \
    org.label-schema.vendor="CentOS" \
    org.label-schema.license="GPLv2" \
    org.label-schema.build-date="20180804"

CMD ["/bin/bash"]

kickstart を見ると、coreグループや baseブループもいれずに、必要なパッケージだけ指定している。 さらに依存?で入った不要なパッケージを削除し、不要なディレクトリを消す処理もあった。

yum --installroot

packer とかで Official の kickstart をベースに作ることも可能そうだが、検証用に欲しいので そこまで削られてなくていい。ググったら、yum の installroot オプションを使用すれば作れそうなので、 やってみた。

作業は macOS で上で行い、yum コマンドなどは、CentOS のコンテナを利用。大まか流れは以下の通り。

手順:

  1. macOS 上で CentOS の ISOイメージをダウンロード
  2. mount した ISOイメージを参照する yum のリポジトリファイルを作成
  3. 上記 ISOイメージと yum のリポジトリファイルを volume に指定して centos のコンテナを起動
  4. コンテナ内で、ISOイメージをマウントし、yum --instaroot を実行
  5. インストールされたディレクトリを tar.gz で固めて、volume 配下に設置
  6. macOS 上で、上記 tar.gz を ADD する Dockerfile を書いて、docker build

んー、書き出してみると結構長い。

CentOS6.4 の Dockerイメージ作成

Docker Desktop がはいった macOS で実施。

  1. macOS 上で CentOS の ISOイメージをダウンロード

    curl -O http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS-vault/6.4/isos/x86_64/CentOS-6.4-x86_64-minimal.iso
    mkdir root && mv *.iso root/
    
  2. mount した ISOイメージを参照する yum のリポジトリファイルを作成

    mkdir yum.repos.d
    cat<<EOD>yum.repos.d/CentOS-ISO.repo
    [iso]
    name=CentOS-6 - ISO
    baseurl=file:///mnt
    enabled=1
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///mnt/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    EOD
    
  3. 上記 ISOイメージと yum のリポジトリファイルを volume に指定して centos のコンテナを起動

    docker container run --privileged -it --rm -v $PWD/yum.repos.d:/etc/yum.repos.d -v $PWD/root:/root centos
    
    • ISO をマウントする必要があるの--privileged を付与
    • CentOS7 の ISO は、macOS 上で簡単にマウントできなかったので、やむなくコンテナ上でマウント
  4. コンテナ内で、ISOイメージをマウントし、yum --instaroot を実行

    mount -o loop /root/CentOS-6.4-x86_64-minimal.iso /mnt
    yum --installroot=/tmp/root --skip-broken '--exclude=*-firmware' groupinstall Core -y
    chroot /tmp/root rpm --rebuilddb
    
    • 結構容量があるが不要な*-firmwareパッケージは除外
    • 依存で kernel や fuse がエラーになるので、無視するため --skip-broken を追加
    • centos7 のコンテナを使用しているせいか、作成したイメージで起動した際、rpm がエラーを出すので、 ここで修復
  5. インストールされたディレクトリを tar.gz で固めて、volume 配下に設置

    tar zcvf /root/centos-core-6.tar.gz -C /tmp/root .
    exit
    
  6. macOS 上で、上記 tar.gz を ADD する Dockerfile を書いて、docker build

    cat<<EOD>Dockerfile
    FROM scratch
    ADD root/centos-core-6.tar.gz /
        
    CMD ["/bin/bash"]
    EOD
    docker build -t centos-core:6.4 .
    
  7. 動作確認

    docker container run -it --rm centos-core:6.4
    

おまけ

ビルドしたイメージは dockerhub にもあげて、簡単に使えるようにした。

docker container run -it --rm harasou/centos-core:6.4

加えて、上記手順をスクリプト化

curl -o buildcentcore https://gist.githubusercontent.com/harasou/460efe82c0e3a0e57eb9e28080ece471/raw

bash buildcentcore 6.4
bash buildcentcore 6.10
bash buildcentcore 7.6.1810

便利。

ただ、自分がやりたかったことは docker より LXC の方が向いてる気がする:-(